[SystemVerilog][DPI-C] 一様乱数生成を試す。

DPI-Cでも「[C++] 一様乱数生成を試す」が使えるかテスト。


昨日の [SystemVerilog][DPI-C] ランダムデータ生成 からちょこっと追記。
あんまり綺麗ではないけど・・・


  • サンプルコード(C++側)

  • #include <stdio.h>
    #include <stdlib.h>
    #include <random>
    
    #ifdef __cplusplus
    extern "C" {
    #endif
    extern void v_setparam(int);
    #ifdef __cplusplus
    }
    #endif
    
    std::default_random_engine engine ;
    std::uniform_int_distribution< int > dist( 110 ) ;
    int user_random(void ) {
      return dist(engine);
    }
    
    #ifdef __cplusplus
    extern "C" {
    #endif
    int c_main(void) {
      int i, value=0;
      srand(1);
    
      for (i = 0; i < 10; i++) {
        value = user_random();
        v_setparam(value);
      }
    
      return (0);
    }
    #ifdef __cplusplus
    }
    #endif
  • 実行結果

  • # set param = 1
    # set param = 2
    # set param = 8
    # set param = 5
    # set param = 6
    # set param = 3
    # set param = 1
    # set param = 7
    # set param = 7
    # set param = 10
    

ブログを開始して1年経過

時間が過ぎるのも早くこのブログを始めて1年が過ぎてました。
223件/年の投稿。訪問者約15.7人/日。
自分に対してのメモのつもりで書いているので、
訪問者数はあまり意識していないのですが、見られてることを
意識して書くと結構文章って違ってくるものだなと実感しております。

さて、ブログを書くようになって気づいたことは「振り返り」と「気づき」です。
本ブログの一番多いエントリーは「セミナー」です。
わりと行っているほうではないかと思いますが、その際の感想なりをまとめていると、
講演の際には伝わらなかったことが、後から(こういうことが言いたかったのか)と
理解できる瞬間がありました。
また、その中で自分の意見なり考えをまとめることができます。
2点目の「気づき」ですが、世の中には毎日様々な情報があります。
その情報をキャッチ出来ずにいたらもったいない!っと思うのです。
そして、キャッチして自分で考えて気づくことが重要だと思い、自分自身も精進中です。

できれば、エンジニアの方々にもっとブログ書いて欲しいなと思う今日この頃です。
会社に所属しているとどうしてもオープンに出来ないことがあると思うのですが、
現在の状況を考えると、狭い世界の中で生きていても得をしないかなと。

ではでは、今後も更新を続けていきますので、
見ている方はよろしくお願いいたします。

初投稿

初投稿。

これからボチボチとメモっていこうかなと思います。
意外にこういった情報サイトが無いと思うので、皆さんの意見お待ちしております!
プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数