スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[UPF][IEEE] IEEE1801-2013リリース

GET IEEE 1801?: DESIGN AND VERIFICATION OF LOW POWER INTEGRATED CIRCUITS


パワーフォーマットのIEEE規格の最新版がリリースされたようです。
IEEE1801-2013では CPFの文法も含め色々取り込めれているようです。


IEEE Get Programにより、誰でも入手できそうです。


過去の投稿ブログ

スポンサーサイト

[UPF][CPF] パワーフォーマットは IEEE1801で

New Incisive Low-Power Verification for CPF and IEEE 1801/UPF


Cadence社の論理シミュレータ(Incisive Enterprise Simulator)の
最新版(13.1)がリリースされたようです。


上記 Blogでは、Low-Power検証(パワーフォーマット)について記載があります。
今まで、Cadence社のほうでは、CPFを推していましたが、IEEE1801-2013に
CPFのフォーマットや機能が盛り込まれることにより今後の推奨は規格化された
IEEE1801(元UPF)になるのではないでしょうか。


Sysnopsys社, Mentor社は元々から UPFを使っていたと思いますので、
これで、業界としては統一されたのでは。

[UPF] IEEE1801-2013には UPF2.1も含まれる

Cadenceのブログにて


Video: What the Newly Approved IEEE 1801-2013 Low Power Format (UPF 2.1) Includes


以前のメモには 3月くらいにリリースされるはずなのですが、
どうなんでしょうね。


引用:

He also notes that Si2 contributed the full text of CPF 2.0 to IEEE 1801, resulting in some changes that helped with interoperability.


とかあるので、UPF vs CPFの隔たりが無くなりそうに感じますね。


2013.3.21:追記

Q&A形式にて、更に細かく出ています。


Q&A: Qi Wang Updates EDA Power Intent Format Standards


UPF2.1

こちらに UPF2.1の話が載っています。


The Next UPF


少し古い情報になりますが、昨年の10月に行われた
Low Power Solutionセミナー 2012
でも UPF(IEEE1801)の話がありました。


その時のメモだとこんな感じでした。

  • 2013年3月くらいにリリース?
  • power intentが大きく改善
  • 多くの UPF1.0のコマンドが廃止に
  • UPF2.0では出来なかった ISOの階層接続が可能
  • set_isolationの default値の変更

Cadence:Low Power Solution 2012

CadenceのBlog:「Si2 Talk: Why System-Level Low Power is Challenging」にて。

こちらの図にあるように(貼っていいものか分からなかったのでURLのみ)
http://www.cadence.com/Community/CSSharedFiles/blogs/ii/2012/Richard_Goering/Si2_power2.jpg
1. SoC全体の概算を検討
2. 高位合成でIP単位でアーキテクチャ(電力など)を検討
3. エミュレータで電力計測
といった流れ。
Power formatについても少し書かれています。TLM2.0-ATは...

上記Blogの内容は、10/31(金)のセミナーで聞けそうですよ。
Low Power Solutionセミナー 2012
プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。