[SystemC-AMS] SystemC-AMS 1.0.1 と 2.0ベータ版リリース

New release of SystemC-AMS proof-of-concept available

公開されていたようです。
SystemC-AMS 1.0.1はちょっと前にリリースされた SystemC 2.3.1に伴って。

SystemC-AMS 2.0ベータ版は LRMに沿った内容を。

ということみたいです。
こちらにありますので、ぜひ入手してみてください。

[SystemC-AMS] P1666.1

P1666.1 - SystemC Analog/Mixed-Signal (AMS) extensions Language Reference Manual


として、動きがあるようです。
SystemC-AMSは活動が こちら になってからどうも動きが監視しづらい


そろそろ、2.0のライブラリが出てきてもいい時期ですかね。

[SystemC-AMS] SystemC-AMS PSoC 2.0 Alpha Version1

Twiiter上で知ったのですが、
SystemC-AMS PSoC 2.0 Alpha Version1が こちらからダウンロード出来るようです。


Open Source Offers for SystemC AMS


色んなとこにアンテナ張っていたと思ったのですが・・・
まだまだ修行が足りなかったようです。

SystemC-AMS LRM(Language Reference Manual) 2.0リリース

Accellera Systems Initiative Completes SystemC AMS 2.0 Standard for Mixed-Signal Design of Electronic Systems


ということで、先日「SystemC-AMS 1.0リリース 」とあったばかりですが、
LRM2.0がリリースされたようです。


主な変更点は「Annex D」に書いてありますので、
詳細はこちらを参照していただくとして、簡単に抽出すると

  • TDFモジュール及びポートが拡張(動的変更可能に)
  • TDFポートに対して event-driven関数(exp. poseade_event)がサポート
  • time_stepの設定関数の追加
  • 版数情報の定義

などなど。
デジタル部分に関連する制御追加が加わっています。
確かにこれがあると・・・(´∀`*)ウフフ

ということで、早く Runtime Library欲しいですね。


Supporting Quotes: Accellera Systems Initiative Completes SystemC AMS 2.0 Standard for Mixed-Signal Design of Electronic Systems


27. European SystemC Users' Group Meeting で発表されたみたいですね。
プレゼン資料とかないのかな?

SystemC-AMS 1.0リリース

SystemC AMS PoC 1.0 released


ようやく Beta版ではなく 1.0のライブラリが出てきたようです。


  • Beta2との差分(引用)

The main differences to the 1.0beta2 release are:
* support of SystemC 2.3.0
* improved standard conformity - especially missing error messages added
* bug fixes
* improved plattform and compiler support

とのことです。

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数