スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Tools][OVP][Virtual Platform] OVPにNiosIIコアが追加

Altera NiosII Processor Model Delivered By Imperas


ということみたいです。
OVP側のラインナップにも記載があります。


www.OVPworld.org/Nios_II


おぉぉ。っと。
FPGAでこういうお仕事多いんですかね?
やれますよ〜

スポンサーサイト

Cortex-A15, Cortex-R4などのプロセッサモデル追加

OVP(Impreras)がプロセッサモデルを追加したようです。Cortex-R4 は一番のり?
Cadecen社の「Virtual System Platform 」ではもう使えるのかな?

参考記事:
- ImperasがARM Cortex-A15, Cortex-R4など新たなプロセッサモデルをリリース(EDA-Express)
- ARM Cortex-A15 and Cortex-R4 Fast Processor Models Provided by Imperas and OVP(Design&Reuse)

OVP-Matlab/Simulink co-simulation

Open Virtual Platforms Selected by NEPHRONplus EU Research Project for Software Development Environment」の記事の中に、「OFFIS SimLink」へのリンクがあり知りました。

あと、ここに「fossy」っていう SystemC から VHDL生成出来るツールがある!?
サイト更新が2008年で終わっているので、どうなってるんでしょうか?

Open Virtual Platforms™ (OVP™)

この前書いた「Imperas社のプロセッサモデル適用広まる。」の中で紹介したOVP™です。

公式Webページはこちらにあります。
http://www.ovpworld.org/

この中の環境やモデルなどをImperas社で作っているものです。
登録すれば、無償ライセンス(90日分)を取得することもできます。
環境はWindows,LinuxどちらもでOKですが、Windowsの場合だとMsysやCygwinなどが必要になります。

http://www.ovpworld.org/download.phpにある
- OVPsim Fast Simulator
- OVPsim PSE Toolchains
がベースとしてあります。
更に、DEMOも結構そろっており簡単に動かすことができると思います。DEMO内にはTLM2.0サンプルもあるため、自分で作成したTLM2.0モデルも簡単に接続することが可能です。

ARMにLinuxをのせたデモでありますので、非常に勉強になります。
更に、
 ARM IntegratorCP Virtual Platform using
SystemC TLM2.0 including Cortex-A9UP,all peripherals
and software to boot Linux2.6
というものも追加されていたようです。
ただ、CPUのデバッグなどはGDBを使って行う必要があったり、マルチCPU以上のデバッグとかはImperas社からツールを購入しないといけないようです。

ぜひ、仮想環境(バーチャル・プラットフォーム)開発へ。
プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。