スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCJ2011:ユーザー事例(その4)

7/15(金)に開催された「SystemC Japan2011」に行ってきました。

ユーザー事例最後は(株)リコーの「仮想ハードウェアを用いたマルチコアASIPぷラットフォーム開発」です。
Agendaとして以下の流れで講演されていました。
・リコーのESL歴史/導入
・低消費電力化へのアプローチ
・実際の検討事例(UWBワイヤレスシステム)
・マルチコアASIPプラットフォーム
・まとめ/今後の課題,ESLへの期待

(株)リコーは2006年から毎年(2007年も除く)SystemC Japanで講演している。また、他のセミナーでも講演しており、今回はそのまとめとASIPを用いて消費電力削減を行った結果を講演していた。なので、講演最初に「資料は使い回しではあるが手を抜いているわけではない。」と念をおしていた。
今回の講演で出てきた使用ツールはSysnopsys社の「Platform Archtect」、「Virtual Platform」、「Processer Designer」である。

まず最初に、導入の経緯として「FPGAプロトタイプ」との比較があった。FPGAプロトタイプではどうしても実際のLSIとは別のものになってしまう。FPGAの分割やボードのデバッグなどの工数などが必要となる。理想のSoC開発として
・ハードウェア/ソフトウェアの同時開発が必要
・そのままLSI化できるSoCプロトタイプが必要
ということで、ESLによる仮想ハードウェア(実機レス開発)に取り組んだ。その中で、「Virtual PlatformとFPGAの接続」も出来ることを確認し、仮想ハードウェア技術の基盤が構築できた。
※SCJ2009資料(無料登録が必要)「仮想プラットフォームを用いた通信用SoC開発事例 - VirtualとRealの融合を目指して -

様々な技術獲得、実績を得て、仮想ハードウェア技術をベースとした「低消費電力アーキテクチャ」の開発が今回の講演の内容である。

低消費電力を目指すためにダイナミック電力(動作時の電力)に着目した。
電力を下げるためには
1) 電源電圧(Vdd)を小さくする。
2) 負荷容量(C)を小さくする。
3) 活性率、動作周波数(N,f)を小さくする。
4) ゲート規模(G)を小さくする。
などのアプローチが考えれる。今回の事例では、3),4)に着目しマルチコア化により動作周波数を小さくし、ASIPによりゲート規模を削減することにした。

マルチコアでの検討では、既存(ARM 1個)のアーキテクチャから検討したとのこと。
FPGAプロトタイプだと容易に検討することは厳しく、ESLだとほんの数秒でマルチコア(実際には4つのコア)に変更することが可能である。また、仮想プラットフォーム上で動作させることによりタスク間の依存関係などが無い事が確認でき、ASIP化出来ると判断した。ここでマルチコア化することで、動作周波数を1/2に低減することが可能になった。
ASIP化では「Processer Designer」ツールと LISA言語を用いて作成し、上記のプラットフォーム環境で動作確認まで行ったという。
最終的な消費電力の見積もりは机上での計算だが、オリジナルのものより少なくとも1/9は消費電力の低減が出来るということだった。

今後の課題、取り組みとして「ASIPの特殊命令の実装」、「仮想と実デバイスの差異確認」、「ASIPのコンパイラ」を挙げており、ESLに期待することして「消費電力の自動算出」、「モデルからのRTL自動生成」を挙げていた。
消費電力の算出ツールとして、DOCEA社のツールを挙げていた。

聞くことを忘れていたが、消費電力の取り組みとして動作周波数を下げるというのがあったが、DVFSという技術もある。これは動的に周波数、電源電圧を変えるというものであるが、筆者的には ESLで効果を確認できると考えている。是非、試してほしい。更に ASIP開発として国産の「ASIP Solutions」もあるのでこちらも。コンパイラは...

今後も(株)リコーさんの取り組みに期待したいです!
懇親会にてT氏が景品当たったので来年はT氏が発表するという噂も...

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。