スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SystemCのsc_exportについて

SystemC2.1から実装されている sc_exportに関して
よく分からなかったのでメモ程度に。

ググってみると、
- SystemC 2.1 Overview(PDF)
- SystemC TLM活用入門(第二回)
などが出てきました。両資料ともわかりやすいと思います。

SystemC 2.1 Overview資料より引用。
・sc_port indicates sc_interface is required by an sc_module
・sc_export indicates sc_interface is provided by an sc_module
 ・・・
・sc_export permits direct function call interface for TLM
without introduction of extra process switches

で、examples/sysc/2.1/sc_export を動かすと、
% ./main
10 ns In Channel run()
17 ns In Channel run()
20 ns In Channel run()
続いて、端子P2を切ってみる。
以下をコメントにする。
131行目 // sc_port P2;
139行目 // P2->run();
148行目 // the_X.P2( the_E.IFP2);
実行結果は
% ./main
10 ns In Channel run()
17 ns In Channel run()
となり、sc_export端子が未接続でも、シミュレーションが実行されます。

便利そうですね。
というかTLM2,0で普通に使われていてあまり意識していなかった部分でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。