スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grappling with Model-Based Design

前回の「MATLAB/Simulink適用事例(Faraday)」に対してこんなBlogがありました。

Grappling with Model-Based Design

CadenceのTLM合成についても話が出ています。
アーキテクチャレベルで最適化する事でゲート数が 50%以上削減することは可能。とのこと。
同じような話で、「電力制御」があります。RTLでのクロックゲーティング効果は全体の20%ぐらいで、1番効果があるのはアーキテクチャレベルで最適化すること。

では、どうやって(どの精度で)アーキテクチャレベルで電力を見積もるか?が今の悩みではないでしょうか?

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。