スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SoC Designer(2011/9/20時点)

Virtual Platformツールはどんな物がある?(概要)
の続きになります。かなり不定期ですが。。。

今回は「SoC Designer Plus(Carbon)」になります。
元々はARM社のSoC Designerになります。(2008年)
- Carbon Design Systems社、ARM社よりSoC Designerを買収
そのため、ARM社のIPやRealViewなどの開発ツールとの連携が強いです。

このツールの一番の売りは、「サイクルベースである」ということだと思います。
Virtual Platformというと抽象度が高いものを想像するかもしれませんが、目的に合わせた抽象度の選択が必要なのです。
また、サイクルベースを強調するために RTLからSystemCモデルを生成するといったアプローチも採っています。RTLからSystemCに変換しているのですが、シミュレーション速度は速くなるという結果も出ているみたいです。

もう一つの特徴が「Carbon IP Exchange」といったクラウドサービスで、様々なモデルの提供が可能で、早期に開発環境が整えられるということです。
また、モデリングとして「Carbon Releases Solution for AMBA TLM-2.0 Modeling」がリリースされています。

ユーザー事例などはあまり出ていませんが、上記のようなRTLから性能評価のためにモデリングするといった用途に結構使われているようです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。