スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれのCoverageの見方

CadenceのBlogにて、Webセミナーのレポートが載っています。
Archived Webinar: Which Verification Coverage Metrics to Use When
Webセミナーのタイトルは
「What Metrics Matter - a User's Perspective on Coverage」

Code coverage, Assertion coverage, Function coverageのそれぞれに置いて、どういったフェーズでどういった観点を確認するかの一案が記載してあります。coverageは検証進捗度をみる一種の基準なのかなと個人的には思っています。そのため、検証プランを立てて運用していく必要があり Cadenceでは Incisive Enterprise Manager を用意してますよと。

さて、検証プランを立てる人が必要なスキルとは?
そして、検証プランレビュー時に妥当性を判断する基準とは?
検証対象の規模や機能によってかなり違ってくるのではないでしょうか。

今回のWebセミナーはレポートを見ていて非常に聞きたい内容でした。
資料とかアップされるとうれしいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。