スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のCtoSはどこまで進化するか

CadenceのBlog「TLM: The Year in Review, and Trends for 2012
高位合成とくにVitrual Platform(TLM)からの取り組みに関して書かれてます。

更に喜ばしいことに、日本での高位合成の取り組みが高く評価されております。
その事例として、SystemC Japan2011でのルネサス発表が挙げられております。
筆者も参加してその時の感想がこちら

ポテンシャルはかなり高く評価されているCtoS。
2011年HLSツールシェアが気になりますが、2012年はどこまで進化するか。
また、TLM設計/検証といった分野がどこまで広まるか楽しみです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。