スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacとVirtualBox(Ubuntu11.10)のファイル共有

MacとVirtualBox(Ubuntu11.10)とのファイル共有方法について記載します。
これが出来ると自由にファイル移動が可能になるので、便利です。

環境版数


Mac OS X10.7.2
VirtualBox4.1.8
Ubuntu11.10

設定手順


1.共有ファイルの作成(Mac)
Mac OS内に共有したいファイル(ディレクトリ)を作成します。
ここではディレクトリ名「Shared」、Path「/Userd/XXX/Documents/Shared」
作成後に「共有フォルダ」にチェックを入れます。


2.VirtualBox上の設定
「設定(S)」をクリックし、「共有フォルダ」を選択。
右のほうの「+」をクリックし、下の画面のように設定。


3.Ubuntu11.10側の設定
私は~/sharedを作成し、Mac側と共有する形にした。
$> mkdir shared
$> sudo vi /etc/rc.local
rc.localに追加する部分は13行目。
 1 #!/bin/sh -e
 2 #
 3 # rc.local
 4 #
 5 # This script is executed at the end of each multiuser runlevel.
 6 # Make sure that the script will "exit 0" on success or any other
 7 # value on error.
 8 #
 9 # In order to enable or disable this script just change the execution
10 # bits.
11 #
12 # By default this script does nothing.
13 mount -t vboxsf -o uid=1000,gid=1000,dmode=0755,fmode=0755 shared /home/xxx/shared
14 exit 0

あとは一度再起動することで、MacとVirtualBox(Ubuntu)間でファイルを共有することができます。

参考にしたサイト
Ubuntu 10.10 - MacのVirtualBoxにインストール・Guest Addition・フォルダ共有設定まで

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。