スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DPI-C:string型を使う。

SystemVerilog:DPI-Cで使える型を試す(シリーズ3)です。
今回は、stringの型です。

試したソースコードがこちら。
○Cソースコード
 1|#include <stdio.h>
 2|#include "dpiheader.h"
 3|
 4|// extern void c_const_char_p( const char*  , const char*    );
 5|
 6|int c_main(void) {
 7|  printf("Hello from c_main()\n");
 8|
 9|  char char_in[] = "ABCDE";
10|  char* char_out[10];
11|
12|  c_sv_string ( char_in , char_out); printf("------ c in=%s, out=%s\n", char_in , char_out[0]);
13|
14|  return (0);
15|}
16|

○ SystemVerilogソースコード
 1|module tb;
 2|  // import c_main
 3|  import "DPI-C" context task c_main();
 4|  
 5|  initial begin
 6|    c_main();
 7|    $finish(2);
 8|  end
 9|
10|  // export tasks
11|  export "DPI-C" c_sv_string = task sv_string_task;
12|
13|  task sv_string_task   (input string a, output string b);
14|    b = a.tolower();
15|    $display("--- sv_string : input=%s, output=%s", a, b);
16|  endtask
17|
18|endmodule : tb
19|

実行結果がこちらになります。
dpic_string.png

試したコード「こちら(github)」に置いてあります。
C++でのstringも使ったコードも置いております。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。