スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VCDファイルをModelSimで波形表示

SystemC/SystemC-AMSでVCDファイルへ信号出力させて、
ModelSim(wlf)で表示させます。

例として、「SystemC-AMSを書いてみた」の場合で説明します。
VCDファイルの変換は「vcd2wlf」コマンドを使います。
$> vcd2wlf systemc_ams_waves.vcd waves.wlf
$> vsim waves.wlf
表示画面がこちら。
20120611_modelsim1.png

続いて、アナログ波形を表示させたいので Wave画面の
該当する信号をダブルクリックして設定を変更。
(画面は in_sig。out_sigはMIN=-10,MAX=10に値を設定)
20120611_modelsim2.png

設定がすると、以下の表示なります。
20120611_modelsim3.png
パッと見の画面だと変わらないかもしれませんが、
値として10倍になっていると思います。

というような感じで、vcdファイルをModelSim上で表示させることができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。