AtrentaがNextOpを買収

先日のプレスにて、Atrentaが NextOpを買収したことが発表されました。
Atrenta Accelerates Growth in Front End Design with Acquisition of NextOp Software, Inc.

NextOp(BugScope)の説明としては、こちらの記事がわかりやすいと思います。
NextOp Softwareがアサーションを自動生成するEDAツールを正式発表,AlteraやNvidiaがチップ検証に適用(Tech-On!)
BugScopeの入力として、RTLとテストベンチ(Stimulusということで、検証データ)。
そこから、RTL記述と検証データを元にアサーション、プロパティを生成する。
生成されたアサーションに対して、内容を確認し検証データもしくはアサーションを
追加して検証を進めていく。
出力されたアサーションは合成可能な記述ということで、こちらの記事によると
Cadence「Palladium XP」にマッピングができるということが書かれています。
【48DAC】アサーション自動生成のNextOp、使った顧客はライセンスを増やす(EDA-Express)

一方、Atrenta(SpyGlassシリーズ)は、RTLのLintツールとして使っているところも
かなり多いのではないでしょうか。
そして、最近ではRTL電力解析(SpyGlass Power)なども積極的に売りだしている。

モデリングサポート(Lintツール)のSpyGlassと検証強化としてBugScope。
更に、検証環境を構築するツール(デバッグ解析含め)などあれば、
もっと良いかもしれないですね!

- http://www.atrenta.jp/
- http://www.nextopsoftware.com/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数