スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu12.04にSCML2.1.1をインストール

SCML Source Code Kits」を Ubuntuにインストールしてみました。
インストール時のGCCバージョン:4.4.7

ソースコードの入手


こちらにて入手「SCML Source Code Kits
(SCML Source Code Library v2.1.1 with TLM-2.0 Loosely-timed PV examples)
※SystemC2.2とTLM2.0のライブラリがインストールする際には必要です。

インストール


ファイル解凍後の「INSTALL」に従い、作業します。
SystemCのインストールと同じ感じです。
$> tar zxvf scml-2.1.1-pv-20111213.tgz
$> cd scml-2.1.1/
$> ../configure --with-systemc=${SYSTEMC_HOME} --with-tlm=${TLM_HOME}/include/tlm
$> make debug
$> make install
※ configure時に[--prefix]にてインストールパスを指定。

チェック


$> make check
実施後のexamples
PASS: Memory
PASS: Memory
PASS: HWaccelerator
PASS: simple_timer
PASS: simple_IPE
PASS: cache
PASS: main
どうやら、ちゃんとインストール出来ているようです。

個人的には SCMLを使うメリットは、アドレスマップやレジスタの
定義が出来るところだと思ってます。
ここはSystemC 2.3で取り込んで欲しかった部分ですが、なんとも残念ですね。
ちなみに、SystemC2.3でインストールしようとするとエラーが出ますので、ご注意を。
/usr/local/lib/systemc-2.3.0/include/sysc/communication/sc_signal.h:533: error: ‘sc_core::sc_reset* sc_core::sc_signal::is_reset() const [with sc_core::sc_writer_policy POL = (sc_core::sc_writer_policy)0u]’ is private
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。