スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Verify2012に参加

9/28(金)に開催された「Verify2012」に参加してきました。
今回で13回目らしいです。私は参加は3回目ですかね。
全体的な記事はTech-On!さんから出てます。
「命名の妙で、検証環境の使い分けを円滑に」、Verify 2012開催

UVMとエミュレータの協調シミュレーションによる検証高速化


富士通九州ネットワークテクノロジーズさんから。
大きく2部構成で、前半がUVM、後半はエミュレータの協調シミュレーションに関して。
UVM導入の障壁に関して、現場の事情として
・過去の資産を捨てられない
・「オブジェクト指向」は難しいという先入観で触らない
ということがあるとのこと。
2点目のオブジェクト指向で難しいのは「分析と設計」の部分だと述べていたが、
UVMは長年のノウハウ集であり、難しいとされる「分析と設計」は終わっている!
オブジェクト指向を恐れるなかれ!
UVMの使ったことでの良さを3点挙げていた。
1.規則性
2.クラスの拡張
3.UVMのルール(部品整理)
「規則性」を利用し、生成スクリプトを作って使っているらしい。

エミュレータとの協調シミュレーションでは、エミュレータはプレスリリースしていたEVE社を使用。
EVEのZeBuSystemVerilog技術が富士通九州ネットワークテクノロジーズにおけるUVMコ・エミュレーションの実現を支援
パケット処理ブロックを評価対象に信号レベルとトランザクションレベルにて評価。
UVMとの関係については、Zebuとの接続シーケンスがUVMシミュレーションフェーズに対応できることやドライバ/モニタのクラスを拡張するのみで対応できたとのこと。

まとめとして、UVMベースの検証環境とZebuをつなげることが出来たこと、
高速化に関しては工夫やツール改善がまだまだ必要だと語っていた。

#(某氏に変わって)今回は、龍でした。

ProtoLink Co-Emulation によるI/Oデバイスドライバ開発環境の構築事例


Tech-On!やこちらの記事に詳しく書かているので、ざっくり。
Verify2012 社内で実用している実機レス環境「清水プロトくん」の紹介 リコーの事例(EDA-Express)
リコーさんの数々のESL歴史を清水一家に例えながら、非常に面白かったです。

SystemVerilogで"まとめる"検証環境


富士通マイクロソリューションズさんから。
Verify2012 検証環境のトップをSystemVerilogでまとめた3つの例 FMSLの事例(EDA-Express)
UVM Connect2.2」で書いた、UVM Connectを使った検証環境の事例。
TLMモデル開発において、検証環境をUVMにすることでRTL検証でも流用できる。
UVM Connectを使うことでTLM接続で、仮想環境+RTLの協調シミュレーションをすることができる。仮想環境にフリーなものを適用すると、RTLシミュレータだけでできるとのこと。

MCU機能検証への形式手法の適用


ルネサスエレクトロニクスさんから。
MCU(Micro Controller Unit)を対象に形式手法を使った事例を紹介。
ツールは、OneSpin Solutions社360MVのGAPFreeを使ったとのこと。
プロパティ記述は「Operational ABV」を使いようで、SVAと比べて仮定(Suppose)と証明(Prove)が分かれているので、記述しやすく又タイミングチャートのように書けるとのこと。
「Operational ABV」は(変換するのかしれないけど)他のシミュレータでも使える模様。

分野を越境することが、生き残りの条件 ハード・ソフト・サービスのIT融合へ


Verify2012基調講演:分野を越境することが、生き残りの条件 ハード・ソフト・サービスのIT融合へ、中央大学竹内健教授(EDA-Express)
「iPhone 4S→iPhone 5でメモリは増えていない。つまり。。。」
というのが非常に印象的でした。見る目を養わないとなー
本頂いたのですが、まだ読んでない。。。><
時間作らないとな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。