Vim:QuickRun実行後に出力バッファへ移動する。

vim-quickrun」を導入することで、簡単に実行することができます。

1. コードを書いて、:QuickRun
20121022_quickrun1.png

2. 結果が専用バッファに表示
20121022_quickrun2.png

QuickRun実行後は、編集ファイルとsplitで開いた出力バッファの2つがあり、
実行後には、出力バッファへカーソルを移動したい場合の設定です。
:help quickrun-module-outputter/buffer より
into デフォルト: 0
0 以外を指定すると、結果が出た際に出力専用バッファへカーソルを移動します。
ってことで、g:quickrun_configに追加
let g:quickrun_config = {
\ "_" : { "outputter/buffer/into" : 1,},}
おぉ!出来た。出来た。(緑色がカーソル)
20121022_quickrun3.png

!待てよ。この値はカーソル行では!?
よし、値を変えてみよう。
特に変化はなかった。

あれ?行が飛び出てる気がする。。。なんぞ???
20121022_quickrun3_2.png
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数