スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

neobundle.vim の遅延読み込みを試してみた。

こちらのブログより、neobundle.vim が ver.3になったということで試してみた。


[vim]neobundle.vim でプラグインの遅延読み込み - C++でゲームプログラミング


追加した部分の .vimrcがこちらになります。(丸パクリです。はい。)

NeoBundleLazy 'Shougo/vimfiler'{
\   'autoload' : { 'commands' : [ "VimFilerTab""VimFiler""VimFilerExplorer" ] }
\}
NeoBundleLazy 'Shougo/vimshell'{
\   'autoload' : { 'commands' : [ 'VimShell' ] }
\}

vim/gvim 起動時の対処(VimFiler)


" Vimfilerをデフォルトのファイラーにする。
let g:vimfiler_as_default_explorer = 1
ということで、VimFilerをデフォルトにしています。
そうすると、
$> gvim .

と実行した場合に VimFilerが起動されなくなります。(sourceしていないので)
なので、こちらの設定も追加しています。

" ディレクトリで開いた場合に VimFilerを起動
if isdirectory(expand("%:p"))
  autocmd VimEnter * VimFiler
endif

※追記:ただしこの方法だと

$> gvim hoge/

に対応できていないです。。。※追記2


NeoBundleLazyもうちょっと使ってみよう。


追記2


Linda_ppさんの .vimrcを参考にさせていただきました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。