スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Haskell環境を整えてみた(platform)

Haskell勉強してみようと思う。
Haskell意外に人気みたいです。
ハードウェア記述言語 - Wikipedia


先ずは環境整備から


参考にしたWeb


インストール

haskell-platformがおいしい環境らしい。
apt-getでインストール。(Ubuntu 12.04)

$> sudo apt-get install haskell-platform haskell-platform-doc
$> cabal update
$> cabal install ghc-mod

インストール後に以下のコマンド打ってみた。
GHCi 7.4.1らしい。

$> ghci
GHCi, version 7.4.1: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer-gmp ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
Prelude> 

早速、終了方法がわからんかった(笑)

Prelude> :quit 

で、終了です。


※ghc-mod は ~/.cabal/bin にインストールされているので、パスを通す必要があります。


Hello World

やっぱり最初はコレでしょう!

  • hello.hs
main = putStrLn "Hello World!!!"
  • 実行結果
$> runghc hello.hs 
Hello World!!!
$> 

わぁーい!出来た!!!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。