スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vim:NeoBundleLazy使った場合の注意点

neobundle.vim の遅延読み込みを試してみた。

にて、設定してみた場合に???になったので記載してみました。
※この話は neobundle.vim - 64f473307b での話です。


help

NeoBundleSourceしないと、helpが見えない。

こちらは、以下のコマンドが追加されたようです。

:NeoBundleDocs

参考:neobundle.vim で :NeoBundleSource してなくても :help を参照する - C++でゲームプログラミング


filetype(default以外)

同じような原因で filetypeでも起きます。(起きました)
ただし、filetypeを定義 or 上書きする場合です。
私は、Markdownファイルにて起きたので記載しています。


Markdownファイル用のプラグインとして、hallison/vim-markdownを使っています。


その際に、NeoBundleLazyの設定は以下のように記述しています。

NeoBundleLazy "hallison/vim-markdown",  {"autoload" : { "filetypes" : ["markdown"}}

そうして、hoge.md(例)ファイルを開くと、filetype が「modula2」になります。


これは、vim-markdown(正確にはftdetect/markdown.vim)が読み込まれていないためなので、.vimrc自体に以下の内容を記載しておく必要があります。
※ vim-markdown/ftdetect/markdown.vimより参照

autocmd BufNewFile,BufRead *.{md,mdwn,mkd,mkdn,mark*} set filetype=markdown

他にもあるかもしれませんが、とりあえず今はこんな感じです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。