スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SystemC Utillity functions : Version and Copyright

SystemC-2.2からあるようですが、説明も少ないため SystemC-2.3前提で話をします。


用意されている function

以下の 3つの関数が用意されています。

  • sc_copyright()
  • sc_version()
  • sc_release()

どのような動きになるかはこちらを見てください。

  • サンプルコード
  •  1|#include <systemc.h>
     2|
     3|int sc_main(int argc, char* argv[])
     4|{
     5|  cout << "Call sc_release" << endl;
     6|  cout << sc_release() << endl;
     7|  cout << "Call sc_version" << endl;
     8|  cout << sc_version() << endl;
     9|  cout << "Call sc_copyright" << endl;
    10|  cout << sc_copyright() << endl;
    11|
    12|  return 0;
    13|}
  • 実行結果
  • $> ./main
    
                 SystemC 2.3.0-ASI --- Jul 13 2012 06:33:43
            Copyright (c) 1996-2012 by all Contributors,
            ALL RIGHTS RESERVED
    
    Call sc_release
    2.3.0-ASI
    Call sc_version
                 SystemC 2.3.0-ASI --- Jul 13 2012 06:33:43
    Call sc_copyright
            Copyright (c) 1996-2012 by all Contributors,
            ALL RIGHTS RESERVED  
    
    

というような感じです。


シミュレーション開始に出てくるメッセージを止めたい

上記の実行結果を見てもらうとわかる通り、SystemCのシミュレーション時に Version及び Copyrightのメッセージが表示されます。


これを表示しなくするには、以下の方法で抑制します。


  • 環境変数の設定

csh/tcsh

setenv SYSTEMC_DISABLE_COPYRIGHT_MESSAGE 1

bash

export SYSTEMC_DISABLE_COPYRIGHT_MESSAGE=1
  • 実行結果
  • $> ./main
    Call sc_release
    2.3.0-ASI
    Call sc_version
                 SystemC 2.3.0-ASI --- Jul 13 2012 06:33:43
    Call sc_copyright
            Copyright (c) 1996-2012 by all Contributors,
            ALL RIGHTS RESERVED  
    
    

になります。
これで邪魔なメッセージともおさらばえぇ〜

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。