[UPF][CPF] パワーフォーマットは IEEE1801で

New Incisive Low-Power Verification for CPF and IEEE 1801/UPF


Cadence社の論理シミュレータ(Incisive Enterprise Simulator)の
最新版(13.1)がリリースされたようです。


上記 Blogでは、Low-Power検証(パワーフォーマット)について記載があります。
今まで、Cadence社のほうでは、CPFを推していましたが、IEEE1801-2013に
CPFのフォーマットや機能が盛り込まれることにより今後の推奨は規格化された
IEEE1801(元UPF)になるのではないでしょうか。


Sysnopsys社, Mentor社は元々から UPFを使っていたと思いますので、
これで、業界としては統一されたのでは。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数