スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処理レイテンシを高精度にしていきたいです!

上流からの設計では、まず作成するモデルは Untimedモデルでしょう。
そこから LT⇒AT といった感じにタイミング精度がおちていくと思います。

で、ちょっと思いついたのが高位合成(High Level Synthesis)ツールを
利用できないかなと。もちろん、高位合成ツールとしてRTLの他に
SystemCモデルも出力するのがほとんどと思いますが、それだと
サイクルベースになってしまうので、せっかくのTLMモデルの意味が
なくなってしまうと思いますので、少し観点を変えて。

例えば高位合成へのモデルが SystemC(TLM)モデルの場合には
- SC_THREAD(SC_CTHREAD)
- SC_METHOD
が使われると思います。

高位合成ツールでは、SC_METHOD はそのままRTLに変換されるため
処理のレイテンシとしては、ユーザー設定です。
で、SC_THREAD(SC_CTHREAD)の処理は高位合成ツールが考えます。
その考えた情報を利用できないかなと思ってみました。

TLM2.0でいうと、
b_transport(trans, delay)
の「delay」に対して
delay += latency
加えてくれるだけでうれしいのですが。

どうなんでしょうね!?
あったらいいなと思ってるのは私だけかな?

というのを書いていたら、Mentorさんがプレスリリースしました。
この中に合成対応が可能なモデルであれば、TLMに変換できると。
コレは一度試してみたいですねー
参考:メンター・グラフィックス、ハードウェア実装と 仮想プロトタイピングとのTLM合成リンクを実現
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。