スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

uvm_resource_dbとuvm_config_dbの違い

UVM1.0p1に書き直したよ(その5)」の記述にて「uvm_resource_db」で記述しました。
同じようなもので、「uvm_config_db」があります。
似ているようで違うものなので、書いときます。

UVM User Guideでは、以下のように書かれてます。
5.5.3章 Choosing between uvm_resource_db and uvm_config_db

The uvm_config_db and uvm_resource_db share the same underlying database.

Because of this, it is possible to write to the database using
uvm_config_db::set() and retrieve from the database using uvm_resource_db::read_by_name().

The primary reason for using one method over the other is whether
or not a hierarchical context is important to the setting.

For configuration properties that are related to hierarchical positoin,
e.g., “set all of coverage_enable bits for all components in a specific agent”,
uvm_config_db is the correct choice. uvm_config_db was architected to
provide the required semantic for hierarchical configuration.

Likewise, for cases where a configuration property is being shared
without regard to hierarchical context, uvm_resource_db should be used.
で、結局のところどうかと言うと、

○ uvm_resource_db
 uvm_resource_dbの引数は「scope」となっており、
 様々な階層でデータベースを参照できる。
○ uvm_config_db
 uvm_config_dbの引数は「inst_name」となっており、
 特定の階層に対しての設定に限られる。

という風に理解しました。間違ってたらごめんなさい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。