グラフ理論による検証

Mentorのブログ「Intelligent Testbench Automation Delivers 10X to 100X Faster Functional Verification

この前のセミナーでも紹介があったinFactです。
グラフ理論を使用した検証の場合にカバー率の違いが確認できます。
http://www.verificationacademy.com/infact

ちなみに、グラフ理論についてはWikipediaに聞いてみました。
Wikipedea:グラフ理論

私はこの検証手法は本当に頭を使わないといけないと思うのです。
シンプルな検証だと例のように考える事ができると思いますが、
実検証しようと思った場合には発散するぐらい大きなグラフが
出来てしまうのではないでしょうか?

いかに切り分け、いかに分類するか。
また、どういったところで適用するか。
それがこの検証のミソだと思ってます。

ぜひ適用した検証事例を聞いてみたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数