スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TLM2.0 get_response_string()

TLM2.0 の generic_payload 内にある response_status がエラーだった場合にレポート表示させる便利なメンバ関数があります。
get_response_string()

TLM2.0 LRMでも記述例があります。
init_socket->b_transport(trans, delay);

if (trans.is_response_error() ) // Check return value of b_transport
SC_REPORT_ERROR("TLM-2.0", trans.get_response_string().c_str());
...

シンプルに書けるので、ありがたいですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kocha

Author:Kocha
なんでもチャレンジ!(^o^)/
E-mail
github:Kocha
イベントカレンダー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
OVP (4)
最新記事
最新コメント
アーカイブ
リンク
Twitter
アクセス人数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。